「東京煮込み横丁評判記」坂崎重盛著

公開日:  更新日:

「煮込みのうまい店は、いい居酒屋。そして、煮込みのおいしい、いい居酒屋のある町は、愛しい町」と語る著者による飲み歩きエッセー。

 柳橋の船宿、問屋街、そしてガード下の飲食店が「妙に時間のヨジレを感じさせる町」浅草橋。駅近くの横丁にある「西口やきとん」の「モツ塩煮込み」は、煮込みの常識をくつがえすほどの品位があるという。

 一方、かつては「落ち着いた大人の文化人」が暮らしているイメージがあり、敬遠していた阿佐ケ谷も、友人が暮らし始めて、町の面白さが少し分かるようになってきた気がすると立ち飲み店「立呑風太くん」でモツ煮にワインを合わせる。その他、立石や三ノ輪など、都内各地の煮込みの名店で一杯。(中央公論新社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る