「旅は道づれ きりきり舞い」諸田玲子著

公開日: 更新日:

 十返舎一九の娘・舞は、父の弟子の今井尚武と祝言を挙げることになった。踊りの師匠の家に行った帰りに、居合わせた葛飾北斎の娘・お栄がついてきた。どうやらまたも舞の家に居候するつもりらしい。家に着いたら、舞の死んだ母の在所の者だという老若男女の一行が来ていた。翌日になると尚武の縁者が駿河からやって来て、結局、10人以上の客を泊めることに。

 祝言前日、継母のえつが「あそこに座っているご老人だけど……どこの、なんてお人だったかしらねえ」と尋ねた。一九と談笑しているが、亡母の在所の一行の中にはいなかった。翌日、岡っ引きの勝五郎がやって来て……。(「おどろ木、桃の木」)

 奇人変人が巻き起こす騒動を描いた時代小説集。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る