「梅もどき」諸田玲子著

公開日:

 秀吉の従弟、青木勘七は関ケ原の戦いで西軍についたが、敗戦後、病死した。勘七の娘、梅は大坂城を脱出し、徳川の御用商人、茶屋四郎次郎にかくまわれたが、あるとき、茶室で家康の寵臣、本多弥八郎と出会って心引かれる。梅は実は家康の母、於大の方の血縁でもあったため、於大の方は青木の血を残すために梅が家康の側室になることを望む。弥八郎のことが忘れられぬ梅は逡巡するが、徳川の敵となった一族を救うため、側室となることを決意する。だが、梅と弥八郎を結ぶ糸は断たれたわけではなかった。

 戦乱の時代に数奇な運命に翻弄されながら、運命と戦った女性を描く長編時代小(KADOKAWA 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る