「梅もどき」諸田玲子著

公開日: 更新日:

 秀吉の従弟、青木勘七は関ケ原の戦いで西軍についたが、敗戦後、病死した。勘七の娘、梅は大坂城を脱出し、徳川の御用商人、茶屋四郎次郎にかくまわれたが、あるとき、茶室で家康の寵臣、本多弥八郎と出会って心引かれる。梅は実は家康の母、於大の方の血縁でもあったため、於大の方は青木の血を残すために梅が家康の側室になることを望む。弥八郎のことが忘れられぬ梅は逡巡するが、徳川の敵となった一族を救うため、側室となることを決意する。だが、梅と弥八郎を結ぶ糸は断たれたわけではなかった。

 戦乱の時代に数奇な運命に翻弄されながら、運命と戦った女性を描く長編時代小(KADOKAWA 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る