「破落戸(ごろつき)」諸田玲子著

公開日:  更新日:

 北町奉行所の定町廻り同心、篠崎弥左衛門の懐刀の瓢六はある日、阿部伊勢守の兄、不争斎に仕える奈緒に呼び出された。西洋医術の心得のある医者、江庵の家の内情を探ってほしいと言う。この家を訪れた書肆、武士、薬種問屋などがことごとく捕らえられている。民を苦しめる南町奉行の鳥居甲斐守に内通している者がいるのではないか。瓢六が江庵の家に入り込むと、昔馴染みの平吉の姿が見えた。平吉は闇の顔役の子分だった。ひょっとすると、盗みでも企んでいるのでは……。(「織姫」)

 水野越前守一派と戦う瓢六シリーズ第5作の短編集。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る