「想い人」諸田玲子著

公開日:  更新日:

 主人公は、天保9年の大火で、女房のお袖が行方知れずになった過去を持つ瓢六。

 一時は生きる気力さえ失っていたものの、8年の歳月を経てどうにか表面上は昔に戻ったかのような生活を送っていた。

 そんなある日、借家があった小出家という旗本の家に火事が出た余波で、小出家が引っ越すことになり、瓢六も住まいを新しく探さなければいけなくなった。どこに引っ越そうかと迷っていたとき、耳にしたのは「梅の木を眺めているお袖そっくりの女を見た」という話。

 昔のことは忘れて、憧れの人となった武家の娘・奈緒のことでも考えながら暮らそうと決めていたのに、結局お袖と暮らしていた冬木町に引っ越してくることになったのだが……。

 本書は、元悪党ながら頭の切れる色男・瓢六の人生を描いた人気の「瓢六シリーズ」第6弾。

 亡くなったと思っていた妻と似た女の出現で心を揺らす瓢六の物語を軸として、人が人を思う気持ちの切なさと喜びを温かな視線で描いている。

(文藝春秋 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る