「想い人」諸田玲子著

公開日: 更新日:

 主人公は、天保9年の大火で、女房のお袖が行方知れずになった過去を持つ瓢六。

 一時は生きる気力さえ失っていたものの、8年の歳月を経てどうにか表面上は昔に戻ったかのような生活を送っていた。

 そんなある日、借家があった小出家という旗本の家に火事が出た余波で、小出家が引っ越すことになり、瓢六も住まいを新しく探さなければいけなくなった。どこに引っ越そうかと迷っていたとき、耳にしたのは「梅の木を眺めているお袖そっくりの女を見た」という話。

 昔のことは忘れて、憧れの人となった武家の娘・奈緒のことでも考えながら暮らそうと決めていたのに、結局お袖と暮らしていた冬木町に引っ越してくることになったのだが……。

 本書は、元悪党ながら頭の切れる色男・瓢六の人生を描いた人気の「瓢六シリーズ」第6弾。

 亡くなったと思っていた妻と似た女の出現で心を揺らす瓢六の物語を軸として、人が人を思う気持ちの切なさと喜びを温かな視線で描いている。

(文藝春秋 1550円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る