「土葬症 ザ・グレイヴ」周木律著

公開日: 更新日:

 正人ら大学の探検部の部員7人は、夏合宿のため山奥の廃村を再生したキャンプ場に宿泊。探検部の歴史は古いが、今はゆるくレクリエーションを楽しむサークルと化していた。

 夜、肝試しに出かけた7人は、道に迷い山奥の廃病院にたどり着く。入ってみると、かつて精神科病院だった建物内部は迷路のようで出られなくなってしまう。さまよううちに中庭に出た7人は、庭の真ん中の土饅頭に気づく。土饅頭に立てられた卒塔婆には、昨年の合宿中に心不全で亡くなった詩織の名前が記されており、7人は戦慄する。卒塔婆には他にも不吉な言葉が書かれており、部員の亜以子がパニックに陥る。

 密室となった廃虚で繰り広げられる長編ホラーミステリー。

(実業之日本社 667円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る