「土葬症 ザ・グレイヴ」周木律著

公開日: 更新日:

 正人ら大学の探検部の部員7人は、夏合宿のため山奥の廃村を再生したキャンプ場に宿泊。探検部の歴史は古いが、今はゆるくレクリエーションを楽しむサークルと化していた。

 夜、肝試しに出かけた7人は、道に迷い山奥の廃病院にたどり着く。入ってみると、かつて精神科病院だった建物内部は迷路のようで出られなくなってしまう。さまよううちに中庭に出た7人は、庭の真ん中の土饅頭に気づく。土饅頭に立てられた卒塔婆には、昨年の合宿中に心不全で亡くなった詩織の名前が記されており、7人は戦慄する。卒塔婆には他にも不吉な言葉が書かれており、部員の亜以子がパニックに陥る。

 密室となった廃虚で繰り広げられる長編ホラーミステリー。

(実業之日本社 667円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る