「気の利く大人のひと言目」齋藤孝著

公開日: 更新日:

 大人の会話の成否は「ひと言目」に何を言うかで決まる。「ひと言目」には「自分から会話を始めるときのひと言目」と、相手の言葉を受ける「リアクションのひと言目」がある。

 齋藤は講演のときにはよく会場の人に質問する。声に出して答える人はいないが、隣の人にささやくのを聞いて、「それ、正解です!」と言う。学生の言葉をすべてひと言目で拾うと、学生の中に安心感が生まれて発言が増える。仕事で確認を取るとき、「これでいいですか?」と言うと、違っていても「いいよ」と言いがちだ。「どちらがいいですか?」と選択肢を加えると、相手に考えるひと手間が生まれて合意形成につながる。

 大人の会話のカギとなる「使えるひと言目」をアドバイス。

(東洋経済新報社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る