• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夜型人間のための知的生産術」齋藤孝著

「早起きは三文の徳」という世の「朝至上主義」に異議を唱え、夜を濃密な知的生産の時間として過ごす方法を説いた自己啓発ハンドブック。

 早朝の情報番組の司会を務めたこともある著者だが、実は夜型人間。もともとは裁判官志望だったが、夜型でも問題にならない学者の道を進んだほどだという。朝型勉強法がもてはやされるが、要は集中する時間が増えれば結果は必ず出るので、勉強のスロースターターでかつ夜に強い人は「夜型勉強法」を検討すべきと説く。記憶の定着がしやすい夜は知識の習得に適しているとも。偉人たちの夜の過ごし方や、読書や映像、ネットを利用した夜の知識の習得法やアイデア発想法など。夜を充実させるためのヒントを伝授。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る