• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夜型人間のための知的生産術」齋藤孝著

「早起きは三文の徳」という世の「朝至上主義」に異議を唱え、夜を濃密な知的生産の時間として過ごす方法を説いた自己啓発ハンドブック。

 早朝の情報番組の司会を務めたこともある著者だが、実は夜型人間。もともとは裁判官志望だったが、夜型でも問題にならない学者の道を進んだほどだという。朝型勉強法がもてはやされるが、要は集中する時間が増えれば結果は必ず出るので、勉強のスロースターターでかつ夜に強い人は「夜型勉強法」を検討すべきと説く。記憶の定着がしやすい夜は知識の習得に適しているとも。偉人たちの夜の過ごし方や、読書や映像、ネットを利用した夜の知識の習得法やアイデア発想法など。夜を充実させるためのヒントを伝授。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る