「人体 神秘の巨大ネットワーク臓器たちは語り合う」丸山優二・NHKスペシャル「人体」取材班著

公開日: 更新日:

 人体は「脳」が全体を支配していると思われてきたが、近年「臓器同士は脳を介さずに連携し、そのネットワークが人体を機能させている」ことが分かってきたという。体内にあるその「巨大なネットワーク」の存在を明らかにし、新たな人体観を伝えるサイエンス本。

 体内のネットワークの中で、臓器から臓器へ、細胞から細胞へと情報を伝える「メッセージ物質」。その代表格がホルモンだが、現在では体中のあらゆる場所から数千種にもおよぶメッセージ物質が出ていることが分かっている。その端緒を開いたのは、日本人科学者が発見した心臓が出す「ANP」という物質だった。他にも腎臓や骨など、人体のさまざまな部分にスポットライトを当て、人体ネットワークの本質に迫る。

(NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  9. 9

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  10. 10

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

もっと見る

人気キーワード