「人体 神秘の巨大ネットワーク臓器たちは語り合う」丸山優二・NHKスペシャル「人体」取材班著

公開日: 更新日:

 人体は「脳」が全体を支配していると思われてきたが、近年「臓器同士は脳を介さずに連携し、そのネットワークが人体を機能させている」ことが分かってきたという。体内にあるその「巨大なネットワーク」の存在を明らかにし、新たな人体観を伝えるサイエンス本。

 体内のネットワークの中で、臓器から臓器へ、細胞から細胞へと情報を伝える「メッセージ物質」。その代表格がホルモンだが、現在では体中のあらゆる場所から数千種にもおよぶメッセージ物質が出ていることが分かっている。その端緒を開いたのは、日本人科学者が発見した心臓が出す「ANP」という物質だった。他にも腎臓や骨など、人体のさまざまな部分にスポットライトを当て、人体ネットワークの本質に迫る。

(NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る