「闇に魅入られた科学者たち」NHK「フランケンシュタインの誘惑」制作班著

公開日: 更新日:

 科学が生み出した恩恵を享受している現代社会。科学者たちは知的好奇心の赴くままに、さまざまな研究を続けてきた。ある者は国家プロジェクトの名のもとに暴走し、ある者は倫理観を置き去りにしたまま禁断の人体実験へと手を染めていく。本書は、科学の進展の裏で科学者たちが行ってきた負の側面に焦点を当てたNHK番組「フランケンシュタインの誘惑」のなかから、特に人体実験にテーマを絞った内容を収録したもの。

 紹介されているのは、死体を切り刻むことで解剖学に貢献した解剖学者ジョン・ハンター、ロボトミー手術の副作用を見ようとしなかった精神科医ウォルター・フリーマンら5つの事例。なかでも、オリンピックのメダル競争のために、検出されないドーピング方法を生み出した末に選手に健康被害を与えた医師マンフレッド・ヒヨップナーの事例は、現在、形を変えて進行中なのが分かる。

 決して過去の出来事ではない、科学の闇の側面に警鐘を鳴らしている。(NHK出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る