「闇に魅入られた科学者たち」NHK「フランケンシュタインの誘惑」制作班著

公開日:  更新日:

 科学が生み出した恩恵を享受している現代社会。科学者たちは知的好奇心の赴くままに、さまざまな研究を続けてきた。ある者は国家プロジェクトの名のもとに暴走し、ある者は倫理観を置き去りにしたまま禁断の人体実験へと手を染めていく。本書は、科学の進展の裏で科学者たちが行ってきた負の側面に焦点を当てたNHK番組「フランケンシュタインの誘惑」のなかから、特に人体実験にテーマを絞った内容を収録したもの。

 紹介されているのは、死体を切り刻むことで解剖学に貢献した解剖学者ジョン・ハンター、ロボトミー手術の副作用を見ようとしなかった精神科医ウォルター・フリーマンら5つの事例。なかでも、オリンピックのメダル競争のために、検出されないドーピング方法を生み出した末に選手に健康被害を与えた医師マンフレッド・ヒヨップナーの事例は、現在、形を変えて進行中なのが分かる。

 決して過去の出来事ではない、科学の闇の側面に警鐘を鳴らしている。(NHK出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る