「闇に魅入られた科学者たち」NHK「フランケンシュタインの誘惑」制作班著

公開日: 更新日:

 科学が生み出した恩恵を享受している現代社会。科学者たちは知的好奇心の赴くままに、さまざまな研究を続けてきた。ある者は国家プロジェクトの名のもとに暴走し、ある者は倫理観を置き去りにしたまま禁断の人体実験へと手を染めていく。本書は、科学の進展の裏で科学者たちが行ってきた負の側面に焦点を当てたNHK番組「フランケンシュタインの誘惑」のなかから、特に人体実験にテーマを絞った内容を収録したもの。

 紹介されているのは、死体を切り刻むことで解剖学に貢献した解剖学者ジョン・ハンター、ロボトミー手術の副作用を見ようとしなかった精神科医ウォルター・フリーマンら5つの事例。なかでも、オリンピックのメダル競争のために、検出されないドーピング方法を生み出した末に選手に健康被害を与えた医師マンフレッド・ヒヨップナーの事例は、現在、形を変えて進行中なのが分かる。

 決して過去の出来事ではない、科学の闇の側面に警鐘を鳴らしている。(NHK出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る