「血の収穫」ダシール・ハメット著 田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 探偵社の調査員の「私」は、モンタナ州パーソンヴィルに降り立つ。夜、依頼人の新聞社の社長・ドナルドの自宅を訪ねるが、主は留守だった。ホテルに戻る途中、私はドナルドが何者かに殺されたことを知る。依頼内容は永遠に分からなくなったが、ドナルドの死は彼が市の浄化キャンペーンに乗り出した直後の出来事だった。長年、市を牛耳ってきたドナルドの父・エリヒューが労働争議を潰そうと雇ったギャングたちが、警察署長まで取り込み、市は無法地帯と化していた。新たにエリヒューから依頼を受けた私は、それぞれのボスたちを対立させ抗争を巻き起こし、彼らを一掃しようと動き回る。

 黒沢映画をはじめ多くの作品に影響を与えたハードボイルドの始祖による長編の新訳。

(東京創元社 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る

人気キーワード