「チューリップ」ダシール・ハメット著、小鷹信光訳

公開日: 更新日:

 いつものように目覚めたマーガレットは、階下に下りて黒ずくめの男が台所から出ようとしているのに気づいた。男は留守の夫ガイに、レオニダス・ドウカスがホテルで待っていると伝えろと言って去った。マーガレットの友人は、悪事のかぎりをつくしているならず者の夫をもった彼女に同情していたが、彼女は夫の金色に光る勇気と強靱が、あらゆる犯罪を責めるべきでない悪事に変えると、むしろ誇りをもっていた。ガイは6日後に帰ってきたが、ドウカスに脅される夫を見て、マーガレットの心のなかに変化が……。(「ならず者の妻」)

 1920年代の犯罪小説や、遺作となった表題作など10編の短編。(草思社 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

もっと見る

人気キーワード