「死者は語らずとも」フィリップ・カー著、柳沢伸洋訳

公開日:

 1934年、元刑事のグンターは、ベルリンの高級ホテル・アドロンの警備員として働いていた。ある日、グンターはオーナー夫人から、アメリカから来た友人のシャラランビーディス夫人の手伝いをするよう頼まれる。作家の夫人は、アメリカが2年後に迫ったベルリン・オリンピックに参加表明したことに憤慨。ドイツでの人種差別の実態を取材して記事を書くつもりだという。

 夫人は、ユダヤ人が殺された事件の捜査が放置されていると聞き、興味を示す。ボクシング選手と思われる被害者の身元を調べ始めた2人は、やがてオリンピック会場建設に関する不正にたどりつく。

 英国推理作家協会賞を受賞したハードボイルド・ミステリー。(PHP研究所 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る