「死者は語らずとも」フィリップ・カー著、柳沢伸洋訳

公開日: 更新日:

 1934年、元刑事のグンターは、ベルリンの高級ホテル・アドロンの警備員として働いていた。ある日、グンターはオーナー夫人から、アメリカから来た友人のシャラランビーディス夫人の手伝いをするよう頼まれる。作家の夫人は、アメリカが2年後に迫ったベルリン・オリンピックに参加表明したことに憤慨。ドイツでの人種差別の実態を取材して記事を書くつもりだという。

 夫人は、ユダヤ人が殺された事件の捜査が放置されていると聞き、興味を示す。ボクシング選手と思われる被害者の身元を調べ始めた2人は、やがてオリンピック会場建設に関する不正にたどりつく。

 英国推理作家協会賞を受賞したハードボイルド・ミステリー。(PHP研究所 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード