「マネーの魔術史」野口悠紀雄著

公開日: 更新日:

 18世紀の初め、財政危機にひんしていたフランスは「ローのシステム」を導入した。紙幣を発行する国営銀行と、フランス植民地との独占的な貿易権を持つ会社が結託し、返済義務のある「国債」を「株式」を経由して紙幣という債務に置き換えたもので、熱狂的な投機の後、財産危機は解決されずインフレだけが残った。

 日本で7年目に入った異次元緩和は、このローのシステムと同じである。年金や高齢者医療費を中心として社会保障費は膨れ上がっているが、市中にあった国債を異次元緩和で日銀が買い上げて、財政負担を見えにくくしたのだ。

 古代ギリシャから現在まで、形を変え現れ続ける「金融緩和」をひもときながら、その実像に迫る。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る

人気キーワード