「気候変動の時代を生きる」永田佳之編著

公開日: 更新日:

 温暖化の影響はアジア、アフリカ、中南米など貧困層が多い地域では深刻である。水不足や干ばつなどのほか、食料不足や疫病の蔓延(まんえん)なども予想される。しかし、こういう事態は個人や組織のアクションで最小限に抑えることができる。日本の食料自給率は4割程度で、多くの食料を輸入しているのに廃棄されている食料は膨大である。余ったものをフードバンクに寄付することで、貧困層の子どもに回すことができる。また、住宅を改築する際、窓ガラスを二重にすることでエアコンのエネルギー消費を抑えられる。

 家庭や学校などで小さいときから「気候変動教育」をすることで、持続可能な未来づくりを目指す提言の書。 (山川出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る

人気キーワード