「気候変動の時代を生きる」永田佳之編著

公開日: 更新日:

 温暖化の影響はアジア、アフリカ、中南米など貧困層が多い地域では深刻である。水不足や干ばつなどのほか、食料不足や疫病の蔓延(まんえん)なども予想される。しかし、こういう事態は個人や組織のアクションで最小限に抑えることができる。日本の食料自給率は4割程度で、多くの食料を輸入しているのに廃棄されている食料は膨大である。余ったものをフードバンクに寄付することで、貧困層の子どもに回すことができる。また、住宅を改築する際、窓ガラスを二重にすることでエアコンのエネルギー消費を抑えられる。

 家庭や学校などで小さいときから「気候変動教育」をすることで、持続可能な未来づくりを目指す提言の書。 (山川出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る