• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界がわかる地理学入門」水野一晴著

 図版約230点を掲載し、地球上の各気候帯が成立した自然のメカニズムを明らかにしながら、それぞれの植生や自然などを解説した科学テキストである。

 まずは熱帯の熱帯雨林とサバンナにスポット。熱帯雨林は赤道付近に分布し、サバンナは熱帯雨林帯を取り囲むようにその北側と南側に分布する。すべての大型類人猿は熱帯雨林に生息しており、過去の気候変動で変遷した熱帯雨林の分布が人類の発祥につながったという説もあるそうだ。カメルーンの熱帯雨林で暮らす農耕民やタンザニアのサバンナのコーヒー生産者など現地の人々の生活も紹介。その他、乾燥地帯の砂漠や半乾燥地帯、冷帯気候の高緯度地帯と高山地帯、温帯気候の地中海沿岸や日本に焦点を当て、その自然環境と人々の暮らしぶりに迫る。 (筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る