「おいしい野菜が食べたい!」黒野伸一著

公開日: 更新日:

 和也は、村の農産物直売所で働いていたが、大地主の松岡の機嫌を損ね、クビに。頼まれて春菜の畑で働き始める。春菜一家は、3年前に村に移住して有機栽培に取り組んできたが、去年夫が事故死。春菜は義母の世話をしながら、残された畑で1人で野菜を作っていた。しかし、夫との約束で無農薬・有機栽培を貫く彼女の畑は草だらけで、まともな野菜が育つとは思えない。

 同じころ、派閥争いに巻き込まれ、村にある農業生産法人に左遷された理保子は、事業を黒字化して本社への復帰をもくろむ。

 その切り札として、コンピューターで温室内の環境を自動調整する高生産性トマト栽培に取り組もうとするが……。

 従来農法と、有機栽培、そして近代農業の三つ巴のバトルを描く長編。 (徳間書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード