「おいしい野菜が食べたい!」黒野伸一著

公開日: 更新日:

 和也は、村の農産物直売所で働いていたが、大地主の松岡の機嫌を損ね、クビに。頼まれて春菜の畑で働き始める。春菜一家は、3年前に村に移住して有機栽培に取り組んできたが、去年夫が事故死。春菜は義母の世話をしながら、残された畑で1人で野菜を作っていた。しかし、夫との約束で無農薬・有機栽培を貫く彼女の畑は草だらけで、まともな野菜が育つとは思えない。

 同じころ、派閥争いに巻き込まれ、村にある農業生産法人に左遷された理保子は、事業を黒字化して本社への復帰をもくろむ。

 その切り札として、コンピューターで温室内の環境を自動調整する高生産性トマト栽培に取り組もうとするが……。

 従来農法と、有機栽培、そして近代農業の三つ巴のバトルを描く長編。 (徳間書店 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る