「希望の糸」東野圭吾著

公開日: 更新日:

 静かな住宅街で喫茶店を営む女性経営者が殺された。捜査にあたった警視庁捜査1課の松宮脩平は、強盗でもない上に、誰からも恨まれた様子のない弥生が殺されたことに、不自然さを覚える。弥生には離婚歴はあったものの元夫との関係もこじれた様子はなく、誰も弥生を悪く言う人がいないのだ。

 そんな事件に首をひねる松宮のもとに、一本の電話がかかってきた。それは、ある金沢の料亭の女将が自分を探しているという話。不思議に思ってかけなおすと、死んだと聞かされていた自分の父親が、いま末期がんで死ぬ間際だという信じられない話だった……。

 親から子へと受け継がれていく血縁をテーマにした長編ミステリー。ある殺人事件に隠された謎と、刑事自身の出生の謎という2つの物語が並行して語られていく。地震で子どもを失い不妊治療の末に子どもを得た夫婦、子を授からなかったことでそれぞれが別々の道を歩むことを決めた夫婦、自身の息子の存在を遺言で残した父親らが絡み合いながら、事件の真相が見えてくる。

 人気の加賀恭一郎も少しだけ登場。シリーズのスピンオフ作品ともいえそうだ。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る