「さよならの儀式」宮部みゆき著

公開日: 更新日:

 著者初のSF作品集。冒頭の「母の法律」は虐待を受ける子供とその親を保護する「マザー法」が施行されている世界が舞台。心優しい養父母のもとで幸せに暮らしていた二葉は16歳で養母を亡くす。マザー法の規定により、ひとり親になった未成年者は養護ホームへ戻され、心機一転、将来の夢に向かって勉学に励んでいた。

 そこへ二葉の実母が生きているという情報がもたらされる。法によって以前の記憶を消去されたはずの二葉の心は妙にあわ立っていく……。

 続く「戦闘員」は、生物のように増減を繰り返す監視カメラの秘密を知った老人の孤独な闘いを描く。表題作は、長年一緒に暮らしてきた人型ロボットに愛着を示す娘がロボットに最後の別れを告げる話で、彼女に皮肉な目を向ける技師の視点から描かれる。その他、45歳の自分の前にタイムスリップした中学生の自分が現れる「わたしとワタシ」、ある無差別殺傷事件の真相を探る「星に願いを」など全8編を収録。

 いずれも趣向が凝らされ、日常世界からほんの少しずれた独特なSF的世界が展開される。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る