「さよならの儀式」宮部みゆき著

公開日: 更新日:

 著者初のSF作品集。冒頭の「母の法律」は虐待を受ける子供とその親を保護する「マザー法」が施行されている世界が舞台。心優しい養父母のもとで幸せに暮らしていた二葉は16歳で養母を亡くす。マザー法の規定により、ひとり親になった未成年者は養護ホームへ戻され、心機一転、将来の夢に向かって勉学に励んでいた。

 そこへ二葉の実母が生きているという情報がもたらされる。法によって以前の記憶を消去されたはずの二葉の心は妙にあわ立っていく……。

 続く「戦闘員」は、生物のように増減を繰り返す監視カメラの秘密を知った老人の孤独な闘いを描く。表題作は、長年一緒に暮らしてきた人型ロボットに愛着を示す娘がロボットに最後の別れを告げる話で、彼女に皮肉な目を向ける技師の視点から描かれる。その他、45歳の自分の前にタイムスリップした中学生の自分が現れる「わたしとワタシ」、ある無差別殺傷事件の真相を探る「星に願いを」など全8編を収録。

 いずれも趣向が凝らされ、日常世界からほんの少しずれた独特なSF的世界が展開される。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード