「沈黙のパレード」東野圭吾著

公開日:

 町の食堂の看板娘だった19歳の女性が、ある日突然姿を消した。人目を引く容貌と群を抜いた歌の才能で地元の人気者だった彼女の失踪に、町中の人が心を痛めていたが、何の手掛かりもないまま3年間が経過した。

 そんな矢先、ある不審な火災現場でその娘が老婆と一緒に焼死体となって発見された。捜査線上に浮かんだのは、かつて少女殺しの容疑で身柄を拘束しながら自白を引き出せないまま無罪となった男。捜査にあたった草薙が危惧した通り、結局状況証拠しか見つからないまま、今回も再び証拠不十分で釈放されてしまった。さらに男は被害者家族の前に現れ、冤罪をかぶせられそうになった被害者だといって賠償金まで要求し始める。そんななか行われた町の秋祭りパレードの当日、男が原因不明の死を遂げたというニュースが飛び込んできた。果たして、この事件の真相とは……。

 物理学者・湯川学が天才的な推理力で事件の謎を解くガリレオシリーズの最新刊。今回も、米国帰りの湯川のもとに警視庁の草薙から難問が持ち込まれる。最後まで気を抜けない展開で、ガリレオファンは楽しめること必至。 (文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る