「誰そ彼の殺人」小松亜由美著

公開日: 更新日:

 仙台市の北部、泉区寺岡の沼地で男性の遺体が発見された。上顎と下顎は粉砕、さらに切断された両手首と両足から先は行方不明だ。

 司法解剖を行った今宮准教授と解剖技官の梨木楓は、腐敗度と犯行現場の状況から、首を絞められ殺されたと推測する。やがて被害者は瀬口桂介32歳と判明。桂介にはIT企業社長の兄・亮介がおり、2人は一卵性双生児だった。亮介の自宅を訪れた楓と今宮は亮介の「過去にA型肝炎を発症した」との供述からある疑念を抱く。(表題作)

 解剖技官の楓と上司で准教授の今宮が病理検査から証拠に迫る医療ミステリー。ほかに、温泉旅館で編集者が不審死した「恙なき遺体」など全4編を収録する。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る