「誰そ彼の殺人」小松亜由美著

公開日: 更新日:

 仙台市の北部、泉区寺岡の沼地で男性の遺体が発見された。上顎と下顎は粉砕、さらに切断された両手首と両足から先は行方不明だ。

 司法解剖を行った今宮准教授と解剖技官の梨木楓は、腐敗度と犯行現場の状況から、首を絞められ殺されたと推測する。やがて被害者は瀬口桂介32歳と判明。桂介にはIT企業社長の兄・亮介がおり、2人は一卵性双生児だった。亮介の自宅を訪れた楓と今宮は亮介の「過去にA型肝炎を発症した」との供述からある疑念を抱く。(表題作)

 解剖技官の楓と上司で准教授の今宮が病理検査から証拠に迫る医療ミステリー。ほかに、温泉旅館で編集者が不審死した「恙なき遺体」など全4編を収録する。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る