「ベストセラー伝説」本橋信宏著

公開日: 更新日:

 1960~70年代の青少年たちを夢中にさせた雑誌や書籍を世に送り出した関係者たちを取材したノンフィクション。

 終戦直後、秋田書店を創業した秋田貞夫は、旧知の画家・福島鉄次とコンビを組み「冒険王」を昭和20年代最大の少年雑誌に育て上げる。さらに同社が1969年に創刊した「少年チャンピオン」は先行の「サンデー」「マガジン」を追い抜き、少年誌初の200万部突破を達成。当時の編集長・壁村耐三氏は、あの手塚治虫に罵声を浴びせ、原稿を「遅い」と放り投げるほどの恐れを知らぬ人物。一方でスランプに陥った手塚を見捨てず「ブラック・ジャック」で再生する手助けもした。

 その他、ノストラダムスの大予言や試験に出る英単語集などベストセラーの陰に名編集者あり。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る

人気キーワード