「ベストセラー伝説」本橋信宏著

公開日: 更新日:

 1960~70年代の青少年たちを夢中にさせた雑誌や書籍を世に送り出した関係者たちを取材したノンフィクション。

 終戦直後、秋田書店を創業した秋田貞夫は、旧知の画家・福島鉄次とコンビを組み「冒険王」を昭和20年代最大の少年雑誌に育て上げる。さらに同社が1969年に創刊した「少年チャンピオン」は先行の「サンデー」「マガジン」を追い抜き、少年誌初の200万部突破を達成。当時の編集長・壁村耐三氏は、あの手塚治虫に罵声を浴びせ、原稿を「遅い」と放り投げるほどの恐れを知らぬ人物。一方でスランプに陥った手塚を見捨てず「ブラック・ジャック」で再生する手助けもした。

 その他、ノストラダムスの大予言や試験に出る英単語集などベストセラーの陰に名編集者あり。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る