「昨日がなければ明日もない」宮部みゆき著

公開日:

 本書は杉村三郎シリーズの第5弾だが、これまでの作品を未読の方でも大丈夫だ。なぜならこれ、宮部作品の中では異色のシリーズで、最初の3作は全然違う話なのだ。

 いや、主人公はずっと杉村三郎だから、続いていないわけではない。ただ、最初の3作で彼は普通のサラリーマンだった。第4作「希望荘」で杉村三郎は私立探偵事務所を立ち上げるのだが、なぜ彼は私立探偵となったのか、というひとりの人間の話として、最初のサラリーマン3部作は意味がある。だから、全然違う話ではない。しかし、私立探偵小説としては前作で始まったばかりなので、最初の3作は落ちついたら読めばいい、ということである。さらに、私立探偵小説として始まった前作も本書も中編集なので、どこから読んでもいいよ、ということだ。

 いやあ、絶品である。ここには小説を読むことの喜びがある。剥き出しの悪意にたじろぐ話もあれば、ちょっとした謎の中に人間ドラマを描く話もある。たとえば、真実はいつも背後に隠れているとの感慨がこみ上げてくる表題作には、はた迷惑なヒロインが登場するが、その人物造形を見られたい。いるよなあこんなやつ、と言いたくなるほど秀逸で、いや今さら宮部みゆきの小説でそんなことに感心していたらいけないが、このうまさが現代のエンタメ界で突出していることも書いておく。

 前作「希望荘」も文庫になったばかりなので、未読の方はこちらもどうぞ。

(文藝春秋 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る