「三体」劉慈欣著 大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳、立原透耶監修

公開日: 更新日:

 中国のSF作家・劉慈欣の長編SF小説。2008年に中国で書籍が刊行され、大ベストセラーとなった話題作の待望の日本語訳が出た。

 天体力学の古典的な難問である「三体問題」をベースにした壮大な物語は、1967年、文化大革命まっただなかの中国で始まる。紅衛兵による糾弾によって物理学者である父を殺された少女、葉文潔は、成長して天体物理学者となり、ある国家的プロジェクトに携わることになった。

 時代は変わって、現在。ナノマテリアル研究の第一人者・汪淼は、奇妙なゴースト・カウントダウンに悩まされていた。撮影したフィルムや自分の目に、不思議な数字列が映り込み、カウントダウンを続けている。科学の世界では、一流の研究者たちの自殺が相次いでいた。この世界で何かが起きている……。

 葉文潔、汪淼という2人の優秀な研究者を主人公に、超ド級のSF世界が展開する。作者・劉慈欣はSFファンで、本業は発電所のコンピューター管理を担当するエンジニア。3つの天体を3つの太陽として持つ過酷な惑星に生まれた文明と、地球文明のファーストコンタクトは、何をもたらすのか。最先端の科学的知識を盛り込み、人類史を遡り、想像力を駆使して描かれる。

 本作は大スケールの「三体」3部作の第1部に当たる。第2部の翻訳が待ち遠しい。

(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード