「三体」劉慈欣著 大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳、立原透耶監修

公開日: 更新日:

 中国のSF作家・劉慈欣の長編SF小説。2008年に中国で書籍が刊行され、大ベストセラーとなった話題作の待望の日本語訳が出た。

 天体力学の古典的な難問である「三体問題」をベースにした壮大な物語は、1967年、文化大革命まっただなかの中国で始まる。紅衛兵による糾弾によって物理学者である父を殺された少女、葉文潔は、成長して天体物理学者となり、ある国家的プロジェクトに携わることになった。

 時代は変わって、現在。ナノマテリアル研究の第一人者・汪淼は、奇妙なゴースト・カウントダウンに悩まされていた。撮影したフィルムや自分の目に、不思議な数字列が映り込み、カウントダウンを続けている。科学の世界では、一流の研究者たちの自殺が相次いでいた。この世界で何かが起きている……。

 葉文潔、汪淼という2人の優秀な研究者を主人公に、超ド級のSF世界が展開する。作者・劉慈欣はSFファンで、本業は発電所のコンピューター管理を担当するエンジニア。3つの天体を3つの太陽として持つ過酷な惑星に生まれた文明と、地球文明のファーストコンタクトは、何をもたらすのか。最先端の科学的知識を盛り込み、人類史を遡り、想像力を駆使して描かれる。

 本作は大スケールの「三体」3部作の第1部に当たる。第2部の翻訳が待ち遠しい。

(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る