「禁じられたメス」久間十義著

公開日: 更新日:

 泌尿器科医の東子は、上司との不倫が原因で夫と離婚、愛娘の親権まで剥奪されてしまう。時を同じくして東子を女手一つで育ててくれた母が急死。すべてを失った東子は、宮城県・伊達湊市の総合病院で働き始める。

 2週間後、腎移植の手術のため、部長の陸奥のもとに県下の病院から医師らが集まる。見学した東子は、陸奥らの卓越した技術に驚かされる。聞くと、陸奥は米国で修業し、帰国を惜しまれたほどの名医だった。数カ月後、東子はある出来事をきっかけに生まれ変わったつもりで陸奥から技術を学ぶことを決意。その直後、陸奥らが倫理的に問題がある病気腎の移植を手掛けていることを知る。

 現実の事件をモデルに医療倫理と患者の命とのはざまで奮闘する女医を描く長編小説。

(新潮社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る