「なにかが首のまわりに」C・N・アディーチェ著、くぼたのぞみ訳

公開日: 更新日:

 22歳のアクナは、義理のおじさんが用意してくれたビザでナイジェリアからアメリカに渡る。おじさんはレジ係の仕事や、コミュニティーカレッジの入学手続きなど、アメリカでの生活がうまくいくようすべて手配してくれた。

 しかし、その生活は長くは続かなかった。ある夜、おじさんがアクナの寝室に現れ体を求めてきたのだ。翌朝、家を出たアクナは長距離バスに乗ってたどり着いたコネティカット州の小さな町で、ウエートレスとして働き始める。ある日、アクナがナイジェリア出身だと知ると、ヨルバ人かイボ人か尋ねてきた客がいた。アクナは、毎日のように店に現れるその白人の客から交際を申し込まれるが……。

 世界で注目されるナイジェリア出身の女流作家による短編集。

(河出書房新社 1150円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード