「甘いお菓子は食べません」田中兆子氏

公開日:  更新日:

■「男に近づいている40代女性を描きました」

 女性向きの官能小説を対象とする「第10回R―18文学賞」大賞を受賞した著者のデビュー作で、6作の連作短編集。40代の女性たちを主人公に、婚約者、夫、セックスフレンド、ゆきずりの相手ら男たちとの関係が描かれた物語だ。

「登場する女性たちはお酒は飲んでもお菓子は食べないので、このタイトルになったのですが、最初に私が出したタイトル案は『私たちは男に近づいている』。仕事のできる男性が、自分を鼓舞するためにきれいな奥さんと結婚したり、若い女性をはべらせたりするじゃないですか。女性もそれと同じところまできてますよ、という世界を描きたかったんです」

 2編目に収録の「花車」は、大学生と高校生の子供のいる、売れっ子ビーズ作家の妻・武子と売れない日本画家の夫・宗太郎の物語。宗太郎は旧来の女らしさ、母らしさを妻に押し付けないタイプで、2人は仲がいい。ある夜、体を求めた武子に、宗太郎は「『おつとめ』は引退したい」と古めかしい言葉で拒否する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る