「口笛の上手な白雪姫」小川洋子著

公開日:  更新日:

 公衆浴場の脱衣場にあるベビーベッドの脇にはいつも小母さんがいて、赤ん坊を連れてやってきた母親が一人で入浴できるよう赤ん坊の世話をしてくれる。浴場の裏庭にある小母さんが住む小屋は、アーチの扉、赤レンガの煙突、よろい戸付きの窓、三角の屋根と、白雪姫が小人たちと一緒に暮らしていた家のようだった。

 実はこの小母さんにはある秘密があった。赤ん坊をあやすときに口笛を吹くのだが、なぜかその口笛は赤ん坊にしか聞こえないのだった……。

 小川洋子はいつも日常の脇にあるちょっと不思議な世界へ連れて行ってくれる。この表題作を含めて8つの短編が収められている本書もまた、そんな世界の人たちが登場する。世の中の「かわいそうなこと」をリストしてノートに付ける少年、ミュージカル俳優に死んだ息子の面影を託す母親、愛する作家の全作品を暗記する女性、ウサギを巡ってスパイ大作戦を敢行する曽祖父とひ孫……。

 本書の中に「特別な声の持ち主」の作家が出てくるが、まさに小川洋子の「特別な声」が響いてくる滋味豊かな短編集。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る