「口笛の上手な白雪姫」小川洋子著

公開日: 更新日:

 公衆浴場の脱衣場にあるベビーベッドの脇にはいつも小母さんがいて、赤ん坊を連れてやってきた母親が一人で入浴できるよう赤ん坊の世話をしてくれる。浴場の裏庭にある小母さんが住む小屋は、アーチの扉、赤レンガの煙突、よろい戸付きの窓、三角の屋根と、白雪姫が小人たちと一緒に暮らしていた家のようだった。

 実はこの小母さんにはある秘密があった。赤ん坊をあやすときに口笛を吹くのだが、なぜかその口笛は赤ん坊にしか聞こえないのだった……。

 小川洋子はいつも日常の脇にあるちょっと不思議な世界へ連れて行ってくれる。この表題作を含めて8つの短編が収められている本書もまた、そんな世界の人たちが登場する。世の中の「かわいそうなこと」をリストしてノートに付ける少年、ミュージカル俳優に死んだ息子の面影を託す母親、愛する作家の全作品を暗記する女性、ウサギを巡ってスパイ大作戦を敢行する曽祖父とひ孫……。

 本書の中に「特別な声の持ち主」の作家が出てくるが、まさに小川洋子の「特別な声」が響いてくる滋味豊かな短編集。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード