「我らが少女A」髙村薫著

公開日: 更新日:

 物語の発端となったのは、27歳の風俗店アルバイトの女を、同棲していた28歳の男が上池袋で殴り殺した事件。被害者の女の名を上田朱美といい、加害者となった男の証言によって、彼女が12年前に迷宮入りした元中学校美術教師の殺人事件現場に居合わせていた可能性が浮上した。亡くなった朱美は、果たして美術教師殺人事件の加害者だったのか。

 12年前にこの事件を担当し、今は警察大学校の教授となった合田雄一郎、事件の被害者の孫である佐倉真弓、真弓をストーカーしていた浅井忍、朱美に憧れを抱いていた小野雄太らが、朱美の死を契機にかつての記憶をたどり始める。それぞれの記憶の断片にあった少女だった頃の朱美の姿が、少しずつ見えてくるのだが……。

 人気の合田雄一郎シリーズ最新作。本作で合田は、捜査の第一線から退き、警察大学校の教授となって登場する。かつて解決できなかった事件に対して、何かを見落としていたのではないかという合田の悔恨や、事件後に被害者家族や被疑者家族がずっと引きずってきた思い、さらに周囲に及ぼす波紋に至るまでが丁寧に描かれている。 (毎日新聞出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

もっと見る