北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「火星無期懲役」S・J・モーデン著、金子浩訳

公開日: 更新日:

 フランクは51歳の男だ。息子にドラッグを売りつけた保安官の息子を射殺した罪で懲役120年を宣告される。この男が火星に送られるところから物語が始まっていく。

 この時代、刑務所も民間企業に委託されているが、その親会社は火星基地を建設するために囚人を使うことを考えるのである。人を火星まで運ぶ大型宇宙船を建造するには莫大な費用がかかる。おまけに連れ帰るとなったら予算は膨大だ。それでは帰還しない者たちを火星に運べば、少しは費用が削減される。

 というわけで、刑務所で人生を終えることが確実な囚人に声をかけるのである。残りの生涯を刑務所で終えるか、それとも帰還は出来ないけれど、刑務所でいるよりも行動が自由になる火星を選ぶか、と選択を迫るわけだ。

 どのみち火星なので逃げ場はないが、それでも刑務所で人生を終えるよりはいいだろうとフランクは参画を決意する。彼を含めて7人の囚人が火星に向かうことになるが、医者にドライバーにコンピューターの専門家と、基地建設に必要な技術を持つ人間ばかり。

 この囚人たちが火星で次々に死んでいくのである。事故なのか殺人なのか。殺人なら誰が犯人なのか。フランクは火星という「閉ざされた空間」で推理していくことになる。

 つまり、火星を舞台にした長編であるからまぎれもなくSFではあるけれど、犯人捜しのミステリーでもあるということだ。異色のミステリーとして堪能されたい。

 (早川書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る