「ヒューマンエラーの心理学」一川誠著

公開日: 更新日:

 人間の知覚認知の仕組みを解説しながら、その過程で情報の処理や記憶などの誤りがなぜ起きるのかを解説したテキスト。

 人間の視覚は赤外光や紫外光に関連した外界の特性を見ることはできないが、チョウは羽の紫外光の反射率から雌雄を見分ける。このように知覚のセンサーが対応していない情報は得ることができず、どの生物種も環境中のさまざまな事柄から、自分の生存にとって意味のある情報を取り出しているのだ。

 こうした認知知覚の有限性をはじめとする認知を誤る理由を、人間と他の生物種の知覚認知機能を比較しながら解説。さらに合理的な判断を誤らせる直観や思い込み、記憶の錯誤など。人間の認知的な処理能力に制約や限界があることを説きながら、人間の知覚の本質を明らかにする。

(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード