「ヒューマンエラーの心理学」一川誠著

公開日: 更新日:

 人間の知覚認知の仕組みを解説しながら、その過程で情報の処理や記憶などの誤りがなぜ起きるのかを解説したテキスト。

 人間の視覚は赤外光や紫外光に関連した外界の特性を見ることはできないが、チョウは羽の紫外光の反射率から雌雄を見分ける。このように知覚のセンサーが対応していない情報は得ることができず、どの生物種も環境中のさまざまな事柄から、自分の生存にとって意味のある情報を取り出しているのだ。

 こうした認知知覚の有限性をはじめとする認知を誤る理由を、人間と他の生物種の知覚認知機能を比較しながら解説。さらに合理的な判断を誤らせる直観や思い込み、記憶の錯誤など。人間の認知的な処理能力に制約や限界があることを説きながら、人間の知覚の本質を明らかにする。

(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る