• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「神経免疫学革命」ミハル・シュワルツ&アナット・ロンドン著

「免疫は脳の健康とは無関係」――。長い間、そういわれ続けてきたが、その定説を覆したのが神経免疫学の創始者である著者。この本では神経に関する新しい知識が披露されている。例えば、認知症や老化する脳は免疫細胞の衰えが原因、脳神経の末端につながる視神経のダメージも免疫が関係しているなど、興味深い話題がてんこ盛りだ。

 しかし、この本の本当の面白さは研究者がどのような発想をどういうときに思い付き、それをどのような手順で部下に命じ、研究したかを知ることができるところ。まるで著者のそばで一緒に実験してるかのような書きっぷりが面白い。

(早川書房 2300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る