「黒い豚の毛、白い豚の毛」閻連科著、谷川毅訳

公開日: 更新日:

 鎮長が運転する車が若者をひき殺してしまった。劉根宝はそれを聞いて、県の交通隊に行って「私がやりました」と名乗り出て、鎮長の代わりに牢屋に入ろうと考えた。他にも鎮長に恩を売りたい者がおり、クジで決めることに。

 2つのクジには白い豚の毛が入っているが、1つだけ黒い豚の毛が入っている。根宝が引いたのは白い豚の毛だった。家に帰ると東隣のおばさんが、離婚した自分のいとこが、根宝が鎮長の代わりに牢屋に入ると聞いて、結婚してもいいと言ったという。「ピチピチの柔肌」だと聞くと、根宝は当たりくじを引いた柱子のところへ行った。そして、鎮長の身代わりを俺に譲ってくれと頼んだ。(表題作)

 ノーベル文学賞候補作家の自選短編集。 (河出書房新社 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る