「路上の熱量」藤井誠二著

公開日: 更新日:

 漫画家の清野とおるは連載を半年で打ち切られ、実家に居づらくなったので赤羽に引っ越した。赤羽にあった「居酒屋ちから」で出会った人や、ホームレスの「ペイティ」さん、赤一色で統一した服しか着ない老人などの「ヘンな人たち」を描いた携帯漫画「東京都北区赤羽」が編集者の目に留まる。「漫画アクション」で隔週連載になったあと、単行本に。3、4巻を描いていた頃には赤羽のほうからどんどんネタが降ってくるようになり、描かなきゃならなくなった。「赤羽という街に、もう負けました」。(「愛すべきヘンな街・赤羽との出会い」)

 他にドリアン助川ら、藤井が「熱量」を感じた13人に取材したノンフィクション集。 (風媒社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード