「路上の熱量」藤井誠二著

公開日: 更新日:

 漫画家の清野とおるは連載を半年で打ち切られ、実家に居づらくなったので赤羽に引っ越した。赤羽にあった「居酒屋ちから」で出会った人や、ホームレスの「ペイティ」さん、赤一色で統一した服しか着ない老人などの「ヘンな人たち」を描いた携帯漫画「東京都北区赤羽」が編集者の目に留まる。「漫画アクション」で隔週連載になったあと、単行本に。3、4巻を描いていた頃には赤羽のほうからどんどんネタが降ってくるようになり、描かなきゃならなくなった。「赤羽という街に、もう負けました」。(「愛すべきヘンな街・赤羽との出会い」)

 他にドリアン助川ら、藤井が「熱量」を感じた13人に取材したノンフィクション集。 (風媒社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    五輪延期で浮上する嵐活動休止の延長 NHKはナビ継続を切望

  9. 9

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  10. 10

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

もっと見る