「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」長谷川裕著

公開日:

 1957(昭和32)年、著者の両親が貸本屋を開業。著者の名をとって「ゆたか書房」と名付けられた店の軌跡をつづったノンフィクション。

 当時は貸本屋ブームで都内だけで3000店もがひしめき合っていた。親戚の出資を受け練馬区・下赤塚駅近くで開業した店の売り上げは、当初は順調だったが、2週間後に近所にライバル店が出現し、激減。知り合いの同業者の助言で危機を乗り切った両親は、やがて2号店を池尻大橋に出店する。そのころになるとマンガ好きの子供だった著者は、仕入れの手伝いをするようになったという。

 貸本屋経営の悲喜こもごもを語りながら、貸本屋のシステムや貸本マンガの魅力など貸本文化の詳細を紹介する。

(草思社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る