「消えたフェルメール」朽木ゆり子著

公開日:

 1990年、米国ボストンの美術館から盗まれ、いまだに行方が分からないフェルメールの名画「合奏」。美術界最大のミステリーといわれる事件の真相に迫るノンフィクション。

「合奏」は、個人コレクターの収集品を展示する邸宅美術館からレンブラントの作品などとともに盗まれた。当時、フェルメールの知名度は現在ほど高くはなかった。しかし、フェルメール作品はなぜかそれまでにも何度も盗難に遭っていた。過去の事件を検証、さらに事件当日の犯人の行動などを詳細に分析しながら、なぜ数ある館内の美術品からフェルメールが選ばれたのかを推察する。

 報奨金目当てに有象無象が名乗りを上げ、事件が複雑化していく捜査の過程を解説しながら、最新の捜査情報を報告する。

(集英社インターナショナル 860円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る