「剣樹抄」冲方丁著

公開日: 更新日:

 明暦の大火の復興が進む頃、若き徳川光圀は父に命じられて3000石の旗本・中山勘解由と、老中・阿部豊後守に会った。阿部は江戸の町割りを描いた地図を光圀に見せたが、地図にはあちこちに「十」という印が付けられていた。それはみな火事の火元だった。

 阿部はこれを「正雪絵図」と呼び、由井正雪の江戸の焼き打ち法を表したものだと見た。光圀はこの地図を持っていた浪人・秋山官兵衛を追うことに。ところが、その秋山を、13、14歳の少年が棒1本で倒す場面に遭遇する。光圀はこの少年・了助を、捨て子を集めて作った隠密組織「拾人衆」に加えようと考えた。(「深川の鬼河童」)

 4歳で孤児となった浪人の息子・了助が、幕府転覆をもくろむ者たちと戦う6編の時代小説。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る