ある日突然、妻へのDV容疑で逮捕され…

公開日: 更新日:

「冲方丁のこち留こちら渋谷警察署留置場」冲方丁著(集英社インターナショナル 1200円+税)

 早稲田大学在学中に小説家デビュー、「天地明察」が吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞、ベストセラーに。アニメ・漫画原作・ゲーム・小説と活躍する場が広がり、冲方丁は映画俳優のようなルックスもあいまって近年もっとも人気のある作家である。

 冲方丁が吉川英治文学新人賞を受賞したとき、作家・伊集院静の祝賀スピーチが印象的だった。

「授賞式のとき、家族みたいな席にきれいな女がいるなあと思ったが、いま聞いたら、女房だという。美人をもらうということは、将来、非常に苦労する。わたしも女優を嫁にもらって、ずいぶん苦労した(場内笑)」(「本の雑誌」2010年6月号)。

 だが好事魔多し。

 2015年8月24日、ベストセラー作家は突然逮捕されてしまう。当時の報道では、“妻へのDV容疑で作家の冲方丁容疑者逮捕 渋谷署”というショッキングなものだった。

 本書は冲方丁自身による逮捕・留置場体験をつづった報告書である。

〈3人組の刑事が私の前に現れたのは、まさに突然のことでした〉

 留置場では、官製のトレーナーが容疑者に貸与される。ねずみ色のトレーナーにはマジックで「留QLO」(トメクロ)なる文字が書かれている。ユニクロのシャレなのだろうが、警察もくだけてきたというか。

 留置場では「天地明察」の作者だということがわかったその日から「先生」と呼ばれるようになる。

 9日間にわたって渋谷警察署の留置場に閉じ込められた後に釈放、不起訴処分が下される。DVはなかったということなのだが、本書には「元妻」という記述もあり、すでに離婚が成立していることがわかる。

 本書のサブタイトルからもわかるように、自身の体験をマイナスにとらえず、創作の糧にしているところはさすが作家である。そして夫婦という関係の難しさもひしひし伝わる書でもあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る