「作家の口福おかわり」朝井リョウほか著

公開日:

 少年時代、姉妹都市だったカナダのカルガリーにホームステイした際に、かつて絵本で読んで以来、憧れだったオートミールを初めて口にして、そのまずさに驚いた思い出をつづる朝井リョウ氏、家庭菜園で繰り広げられる20種類近くの野菜たちの生存競争を横目に、争いに加わらずに泰然と成長する大根の命の強さに感嘆する冲方丁氏、再現しようと試みるも、なかなか再現できなかった母親の「卵焼きおにぎり」の秘密が編集者の差し入れを食べて分かったという辻村深月氏、そして学生時代、工業化学科に在籍する友人が研究室でふるまってくれたビーカーコーヒーの味について記す中村航氏など。

 人気作家20人20様が語る美味を味わう食をテーマにつづったエッセー。(朝日新聞出版 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る