「作家の口福おかわり」朝井リョウほか著

公開日:

 少年時代、姉妹都市だったカナダのカルガリーにホームステイした際に、かつて絵本で読んで以来、憧れだったオートミールを初めて口にして、そのまずさに驚いた思い出をつづる朝井リョウ氏、家庭菜園で繰り広げられる20種類近くの野菜たちの生存競争を横目に、争いに加わらずに泰然と成長する大根の命の強さに感嘆する冲方丁氏、再現しようと試みるも、なかなか再現できなかった母親の「卵焼きおにぎり」の秘密が編集者の差し入れを食べて分かったという辻村深月氏、そして学生時代、工業化学科に在籍する友人が研究室でふるまってくれたビーカーコーヒーの味について記す中村航氏など。

 人気作家20人20様が語る美味を味わう食をテーマにつづったエッセー。(朝日新聞出版 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る