「織田信忠――天下人の嫡男」和田裕弘著

公開日: 更新日:

 信長の後継者だった嫡男・信忠は、かつては家康の長男の信康より能力が劣り、信忠の世を安泰にするため、信長が信康に自害を命じたとされていた。しかし、近年の研究では信忠が決して凡庸な2代目ではなかったことが明らかになっている。

 天正5年、謀反を起こして信貴山城に籠城した松永久秀を、わずか10日ほどで攻略。翌年には5万以上の大軍を指揮して大坂本願寺を牽制。このとき、信忠は若干22歳だった。

 さらに天正10年の武田攻めで先鋒だった信忠は、信長の制止を振り切り快進撃を続け、武田氏を滅ぼす武功をあげた。信忠が本能寺の変に巻き込まれていなければ、歴史は大きく変わっていただろう。信長の陰に隠れて印象が薄い信忠の事績を丹念に追いかけ、その26年の生涯に光を当てた評伝。

(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード