「織田信忠――天下人の嫡男」和田裕弘著

公開日: 更新日:

 信長の後継者だった嫡男・信忠は、かつては家康の長男の信康より能力が劣り、信忠の世を安泰にするため、信長が信康に自害を命じたとされていた。しかし、近年の研究では信忠が決して凡庸な2代目ではなかったことが明らかになっている。

 天正5年、謀反を起こして信貴山城に籠城した松永久秀を、わずか10日ほどで攻略。翌年には5万以上の大軍を指揮して大坂本願寺を牽制。このとき、信忠は若干22歳だった。

 さらに天正10年の武田攻めで先鋒だった信忠は、信長の制止を振り切り快進撃を続け、武田氏を滅ぼす武功をあげた。信忠が本能寺の変に巻き込まれていなければ、歴史は大きく変わっていただろう。信長の陰に隠れて印象が薄い信忠の事績を丹念に追いかけ、その26年の生涯に光を当てた評伝。

(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る