「この自伝・評伝がすごい!」成毛眞著

公開日:

 政治家や歴史上の人物の自伝・評伝を紹介。安倍晋三の評伝として取り上げたのはTBSの元報道記者・山口敬之著「総理」。山口は自分の為政者たちとの距離の近さに言及するが、それは政権に耳あたりのいいことしか書いてこなかったからだと成毛は指摘する。安倍は不人気法案を次々と出す理由を山口に問われて「総理大臣になることや総理大臣であり続けることが重要なのではなく、総理大臣になって何をするかが重要なんです」と答える。安倍以外、興味がない憲法改正など、総理でなければできないからだ。

 成毛は、この本は「冷静さを欠くほどの安倍礼賛本」で、なんとかほめようとしたができなかったと痛快に結論する。(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る