「この自伝・評伝がすごい!」成毛眞著

公開日:

 政治家や歴史上の人物の自伝・評伝を紹介。安倍晋三の評伝として取り上げたのはTBSの元報道記者・山口敬之著「総理」。山口は自分の為政者たちとの距離の近さに言及するが、それは政権に耳あたりのいいことしか書いてこなかったからだと成毛は指摘する。安倍は不人気法案を次々と出す理由を山口に問われて「総理大臣になることや総理大臣であり続けることが重要なのではなく、総理大臣になって何をするかが重要なんです」と答える。安倍以外、興味がない憲法改正など、総理でなければできないからだ。

 成毛は、この本は「冷静さを欠くほどの安倍礼賛本」で、なんとかほめようとしたができなかったと痛快に結論する。(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る