「カラダをゆるめて 最高の睡眠を手に入れる」矢間あや著

公開日: 更新日:

 子どもの頃は、夜になるとまるでスイッチが切れるようにストンと眠りに落ちたものだが、年を取るとなかなか寝付けず、眠ったつもりでも疲れが取れないということが増えてくる。いったいなぜなのか。

 理学療法士である著者は、大人になると“硬くゆるまない体”になることが眠りの質を低下させる原因であると言う。これは、無意識のうちに体に余計な力が入り、いつも緊張してこわばっている状態のことだ。

 原因は、昼間の悪い姿勢や動きのクセの積み重ねにあるという。これにより、本来は機能しなければいけない筋肉がこわばったり、一部の筋肉にだけ過剰な負担がかかることで、全身が硬く緊張した状態になる。また、ストレス状態が長く続くことも、硬くゆるまない体の状態を招きやすい。自律神経のバランスが乱れて、筋肉が緊張して血管も収縮するためだ。

 さらに問題なのは、硬くゆるまない体を正しくリセットする方法を知らず、そのまま放置して悪影響をどんどん蓄積させてしまうこと。本書では、日常生活における悪い姿勢を正す方法だけでなく、すでに硬くこわばった全身の緊張をゆるめて、本来の体の状態に戻すさまざまな方法を伝授している。

 例えば「ゴロ寝リセット」では、毛布やタオルケットを筒状に丸め、その上に背中を沿わせるようにあおむけに寝る。そして、両膝は曲げて肩幅程度に開き、自然に呼吸を行いながら5~10分リラックスすれば完了だ。この体勢だと、体が重力から解放され、脱力しやすく、効果的に体がゆるむそうだ。毎日の習慣にすれば、ぐっすりと眠れるようになるはず。睡眠に悩んでいるなら、まずは“眠れる体”をつくろう。

(エクスナレッジ 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る

人気キーワード