「薬は減らせる!」宇多川久美子著

公開日: 更新日:

 今、日本の高齢者のおよそ40%が1日に5種類以上の薬を服用し、1日7種類以上の人も25%に上っているという。しかし、実は薬の服用がかえって健康を害する場合も少なくないと、薬剤師である著者は警告している。

 薬という化学合成品を服用すると、「酵素」が大量消費される。これは、食べ物を消化するときやアルコールを分解するときなど、体内でAをBに変換するときに必要なもの。酵素とは、体の中で起こる化学反応に対して触媒として機能する物質であり、人間の生命活動には欠かせないものだ。

 食べ物と同じように、薬が体内に入っても酵素は消費される。何種類もの薬を服用していれば、消費される酵素の量も多くなる。すると、酵素が不足し、代謝が低下して血行も悪くなり体温が低下。細菌やウイルス、がんなどと闘う、免疫力も低下してしまう。

 とはいえ、突然薬をやめればいいというわけではない。薬がなくても元気で過ごせるよう、並行して生活習慣を改める必要がある。著者はまず、筋肉量を増やすことを勧めている。筋肉量が上がれば代謝が高まり、体温も上がって免疫力アップにつながる。本書では、立った姿勢でかかととつま先を交互に上げる麦ふみエクササイズや、肩甲骨回りの筋肉を動かす豆の木エクササイズなど、簡単な動きで筋肉量を増やす運動を紹介している。

 他にも、常温で腐らない加工食品や他の動物の母乳である牛乳、精製された白砂糖や小麦粉など、“不自然な食べ物”を排除することも病気を退けて薬を減らすのに役立つと本書。高齢者が6種類以上の薬を服用すると、体への有害事象が増えるという研究結果もある。すぐにでも薬を減らす努力を始めたい。

(青春出版社 960円+税)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?