「薬は減らせる!」宇多川久美子著

公開日: 更新日:

 今、日本の高齢者のおよそ40%が1日に5種類以上の薬を服用し、1日7種類以上の人も25%に上っているという。しかし、実は薬の服用がかえって健康を害する場合も少なくないと、薬剤師である著者は警告している。

 薬という化学合成品を服用すると、「酵素」が大量消費される。これは、食べ物を消化するときやアルコールを分解するときなど、体内でAをBに変換するときに必要なもの。酵素とは、体の中で起こる化学反応に対して触媒として機能する物質であり、人間の生命活動には欠かせないものだ。

 食べ物と同じように、薬が体内に入っても酵素は消費される。何種類もの薬を服用していれば、消費される酵素の量も多くなる。すると、酵素が不足し、代謝が低下して血行も悪くなり体温が低下。細菌やウイルス、がんなどと闘う、免疫力も低下してしまう。

 とはいえ、突然薬をやめればいいというわけではない。薬がなくても元気で過ごせるよう、並行して生活習慣を改める必要がある。著者はまず、筋肉量を増やすことを勧めている。筋肉量が上がれば代謝が高まり、体温も上がって免疫力アップにつながる。本書では、立った姿勢でかかととつま先を交互に上げる麦ふみエクササイズや、肩甲骨回りの筋肉を動かす豆の木エクササイズなど、簡単な動きで筋肉量を増やす運動を紹介している。

 他にも、常温で腐らない加工食品や他の動物の母乳である牛乳、精製された白砂糖や小麦粉など、“不自然な食べ物”を排除することも病気を退けて薬を減らすのに役立つと本書。高齢者が6種類以上の薬を服用すると、体への有害事象が増えるという研究結果もある。すぐにでも薬を減らす努力を始めたい。

(青春出版社 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る