「愛と追憶の泥濘(ぬかるみ)」坂井希久子著

公開日: 更新日:

 中学校で図書室の司書をしている柿谷莉歩には宮田博之という恋人がいる。

 博之は教育業界の大手企業の営業マンで、イケメンだが、ひとつ欠点がある。EDなのだ。胸が大きくて魅力的な莉歩とじゃれ合っても、股間は何の反応もない。どうしても博之と結婚したい莉歩は、キスとかハグだけで十分と説得していたが、ある日、博之の部屋でアダルト作品のDVDを見つけた。DVDなら余分なプレッシャーがないからと言われて、莉歩は、私の存在はプレッシャーなの? とショックを受ける。プライベートだけでなく、仕事でもトラブルが。教え子の女子中学生が中年の男とラブホに入ろうとするのを目撃したのだ。

 現代の若者の「愛と性」を描く。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る