「さんかく」千早茜著

公開日: 更新日:

 東京のデザイン事務所に勤めていたデザイナーの高村夕香は、1年前に会社を辞めて美大時代の友人がいる京都に戻り、町家で一人暮らしを始めた。毎朝自分好みに握った塩むすびにぱくつきながら仕事をするのが日課になっていたが、以前カフェでバイトをしていたときに知り合った「伊東くん」という年下の営業マンと再会し、食事をするうちに食の趣味が合うことに気づく。

 互いのプライバシーには踏みこまず、程よい距離感で時々会ってはお互いの好物を一緒に食べていたのだが、彼とルームシェアをすることになって少しずつバランスが崩れ始める。伊東くんには華という彼女が、夕香には長年関係が切れない本庄という男がいた。食べることでつながっていた2人の関係はどこに向かうのか……。

 第21回小説すばる新人賞を受賞した「魚神」でデビューし、同作で第37回泉鏡花文学賞を受賞、その後「あとかた」「ガーデン」など次々に話題作を発表している著者の最新作。人それぞれの価値観や暮らしへの向き合い方が表れる「食べる」という行為に焦点をあて、人間関係の不思議さをさらりと描いている。

 (祥伝社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る

人気キーワード