「さんかく」千早茜著

公開日: 更新日:

 東京のデザイン事務所に勤めていたデザイナーの高村夕香は、1年前に会社を辞めて美大時代の友人がいる京都に戻り、町家で一人暮らしを始めた。毎朝自分好みに握った塩むすびにぱくつきながら仕事をするのが日課になっていたが、以前カフェでバイトをしていたときに知り合った「伊東くん」という年下の営業マンと再会し、食事をするうちに食の趣味が合うことに気づく。

 互いのプライバシーには踏みこまず、程よい距離感で時々会ってはお互いの好物を一緒に食べていたのだが、彼とルームシェアをすることになって少しずつバランスが崩れ始める。伊東くんには華という彼女が、夕香には長年関係が切れない本庄という男がいた。食べることでつながっていた2人の関係はどこに向かうのか……。

 第21回小説すばる新人賞を受賞した「魚神」でデビューし、同作で第37回泉鏡花文学賞を受賞、その後「あとかた」「ガーデン」など次々に話題作を発表している著者の最新作。人それぞれの価値観や暮らしへの向き合い方が表れる「食べる」という行為に焦点をあて、人間関係の不思議さをさらりと描いている。

 (祥伝社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る