「カエルの小指」道尾秀介著

公開日: 更新日:

 阿部寛、石原さとみ、能年玲奈らで映画化され評判になった「カラスの親指」の続編。詐欺師のタケこと武沢竹夫が掏摸で一家を支えている少女まひろらと、ヤミ金業者に一世一代のペテンを仕掛けてから十数年後。実演販売で身すぎをしている武沢がホームセンターでジューサーを売っていると、キョウという中学生が弟子入りを志願してきた。

 事情を聴くと、キョウの母親が詐欺師に騙されて両親の会社が倒産、悲観した彼女はビルから飛び降りた。その詐欺師ナガミネを捜す探偵料を稼ぐために、テレビの天才キッズコンテストで実演販売を披露して優勝し、賞金を獲得したいという。

 武沢はキョウに特訓を施すとともに、かつての詐欺仲間、まひろ、その姉のやひろ、やひろの夫の貫太郎、そして、やひろ夫妻の息子で小学生ながらITに詳しいテツも加え、ナガミネに一杯食わせるべく大がかりなペテンを仕掛けるのだが、キョウの復讐には意外な秘密が隠されていた――。

 前作同様、幾重にも仕組まれた仕掛けが最後に見事に収束し、カタルシスをもたらしてくれる。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  9. 9

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

  10. 10

    AKB48“最後の1期生”峯岸みなみは芸能界で生き残れるのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る