「カエルの小指」道尾秀介著

公開日: 更新日:

 阿部寛、石原さとみ、能年玲奈らで映画化され評判になった「カラスの親指」の続編。詐欺師のタケこと武沢竹夫が掏摸で一家を支えている少女まひろらと、ヤミ金業者に一世一代のペテンを仕掛けてから十数年後。実演販売で身すぎをしている武沢がホームセンターでジューサーを売っていると、キョウという中学生が弟子入りを志願してきた。

 事情を聴くと、キョウの母親が詐欺師に騙されて両親の会社が倒産、悲観した彼女はビルから飛び降りた。その詐欺師ナガミネを捜す探偵料を稼ぐために、テレビの天才キッズコンテストで実演販売を披露して優勝し、賞金を獲得したいという。

 武沢はキョウに特訓を施すとともに、かつての詐欺仲間、まひろ、その姉のやひろ、やひろの夫の貫太郎、そして、やひろ夫妻の息子で小学生ながらITに詳しいテツも加え、ナガミネに一杯食わせるべく大がかりなペテンを仕掛けるのだが、キョウの復讐には意外な秘密が隠されていた――。

 前作同様、幾重にも仕組まれた仕掛けが最後に見事に収束し、カタルシスをもたらしてくれる。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る

人気キーワード