北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「翡翠城市」フォンダ・リー著 大谷真弓訳

公開日: 更新日:

 カッコいい。そんな感想がぴったりの小説である。アクションがひたすらカッコいいのだ。ラストの凄絶なアクションまで、一気に突き抜けるから素晴らしい。

 世界幻想文学大賞受賞、と帯にあり、さらにSF叢書の一冊なので、そういうのはどうも、と手控える方もいるかもしれないが、わかりやすく言うならば、船戸与一著「山猫の夏」+香港ギャング映画、なのだ。そう考えればいい。

 対立する2つのグループが牛耳っている街が舞台。物語はそのひとつ、コール家を中心に進んでいくが、冷静な長男ラン、ホットな次男ヒロ、コール家から離れたい長女シェイ。この3人がそれぞれの立場で生きる様子が活写され、そこにさまざまな脇役たちが絡んできて、緊迫感ある物語が展開する。

 SF的な設定にも少しだけ触れておけば、島の貴重な天然資源である翡翠のエネルギーを制御することで、人智を超えた能力を手に入れることができる、との設定がキモ。つまり翡翠を身につければ、ある種の超能力を手に入れられるのである。これは、その翡翠戦士たちの戦いの物語でもある。

 秀逸な人物造形、テンポのいい展開と、たたみかけるアクション。そのすべてが素晴らしいが、圧巻はコール家から離れていた長女シェイが、あることをきっかけにふたたび翡翠を身につけるシーン。彼女が戦士に復活するシーンだが、ここで感動が込み上げてくる。

(早川書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  5. 5

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  6. 6

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

もっと見る

人気キーワード