北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ダイエットの神様」南綾子著

公開日: 更新日:

 帯に大きく、「女よ、男なんかのために痩せるな」というコピーがついていて、それが目を引く。その下に小さく、「あなたの背中を押すハイカロリー小説」とある。うまいコピーだ。ダイエット小説であるのに、痩せるな、ハイカロリーを摂取せよ、というんだから、ぶっ飛んでいる。

 舞台は、ダイエット界では神様といわれている伯母が経営するダイエット教室で、一度退会した会員を再度入会させれば5万円、という報酬につられて土肥恵太がアルバイトを始める、というのがメインストーリー。だからもちろん、ダイエットに苦しむ女性たちの奮闘ぶりが描かれるのだが、この連作長編の美点は、そのうちにダイエットそのものを否定し始めることだ。

 たとえば、土肥恵太の同僚である小百合(ちなみに、彼女は巨漢である)の言を聞かれたい。彼女はこう言うのだ。

「あたしは自分の意志で食べる。その自分の選択の積み重ねでいまのこの体型がある。それを認めるよ。あたしはデブ。このデブの体型は、あたしが作った。年齢でも環境のせいでもない。でもいい。それが自分の足で立つってことだよ」

 この小百合の強烈な個性が本書のキモ。スリムな女性がいいと思っている三十路の童貞土肥恵太を笑うように、小百合は邁進するのだ。痩せれば本当に幸せになれるのか、という疑問を読者に突きつけてくる小説だ。

(双葉社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る

人気キーワード