北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「黒武御神火御殿三島屋変調百物語六之続」宮部みゆき著

公開日: 更新日:

 江戸怪談シリーズの第6弾である。シリーズとはいっても内容が続いているわけではないので、これまでの諸作を未読の人でも安心して手に取られたい。しかも前作で第1期が終了し、ここから第2期が始まるのだ。このシリーズを未読の読者が読み始めるのにちょうどいい。

 前作まで怪異と不思議な話を聞いてきたおちかが嫁に行ったので、本作から聞き手をつとめるのは三島屋の主人・伊兵衛の次男・富次郎。商いの修業先で喧嘩に巻き込まれ、大ケガして生家に戻ってきた富次郎は、当面することもないので聞き手を志願したわけだが、かくて第6巻の幕が開く。

 今回は全4話を収録しているが、第4話が本書の半分以上を占めるという異色の構成。それが表題作である。

 変わり百物語の語り手は、梅屋甚三郎。年は四十路かその手前くらいなのに、なぜか髪は真っ白。さらに右手の人さし指と中指の先が溶けたように欠けている。いったいどんな災難にあってこんな傷を負ったのか――というわけで、甚三郎の不思議な話が始まっていくが、その詳述は控えておく。

 相変わらず読ませることは言うまでもないが、問題は第1巻から10年以上が経つのに、合計でまだ28話にしかなっていないことだ。100話に到達するにはまだまだ時間がかかりそうなのである。私も年なので、最後まで見届けられそうにないのがさびしい。

 (毎日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る