北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「熊の皮」ジェイムズ・A・マクラフリン著、青木千鶴訳

公開日: 更新日:

 ライスが管理人を務めている自然保護地区から、胆嚢を切り取られた熊の死体が発見されるのがこの長編の幕開けである。密猟者の仕業と思われるが、地元民の協力はなかなか得られない――と展開していくミステリーで、今年のアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞を受賞した作品だ。

 この小説の冒頭は、ライスが刑務所に入っているくだりで、麻薬カルテルから送り込まれた殺し屋を倒すシーン。なぜ彼が刑務所に入っているのか、なぜ殺し屋が送り込まれてきたのかは、ゆっくりと語られていく。ライスの若き日のことが回想として随所に挿入されるのである。

 なかなかよくできたミステリーだが、実はこれ、犬好きにはたまらない小説といっていい。犬が次々に登場してくるのだ。犬が登場する小説は珍しくないが、「次々に」というのは珍しい。さらに特筆すべきは、どの犬もライスに親しげに近づいてくることだ。たとえば、彼が警察と現場に向かうシーンでは、まず2匹のラブラドルがライスに向かって小走りに駆けてくるのだが、それが「楽しげな表情」をしているのである。「楽しげな表情」だぜ。どんな表情だ。

 警察犬はもう1匹いて、それがでかいジャーマンシェパードのデレク。犯罪者を4人も病院送りにしているデレクがライスの顔をなめるシーンに留意。この男が自然を愛し、犬を愛していることが伝わってくる場面だ。 (早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る

人気キーワード